【大学生でもできる】プログラミングの独学のコツと始め方を解説。

nasi

プログラミングの独学のコツを知りたいんだけど、何かある?いくつかあるならアドバイスちょうだいよ。[/word_balloon]

このような疑問を解決します。そして…

・これから独学を始める人
・伸び悩み中の独学中級者

このような人に向けて書いてます。

プログラミングの独学のコツ

ヒロ | 人生絶望屋
@hiro0111rad
プログラミングでの独学のコツは、以下の4つです。

・短期集中
・学びの継続
・積み重ねの報告
・アウトプットの習慣化

成長を感じ、モチベを保ち、仲間を作り、スキルを高めるための行動に繋がるから。

全て行う必要はないが、全て行えば確実に挫折率は下がるでしょう。#やればマジで変われます

3
2:31 – 2020年2月27日
Twitter広告の情報とプライバシー
ヒロ | 人生絶望屋さんの他のツイートを見る
先日このようなツイートをしましたね。

「何かを成し遂げたくてプログラミングを始めた。ただ全力でやってるけど思うような成果が出ない、、」一年前の僕がまさにそうでした。

僕がプログラミングを独学してみて、「これをしたら早く稼げるエンジニアになるんじゃないかな」と思うプログラミングのコツを4つピックアップしました。

この4つのコツを知り意識しながら勉強を進めることで、「稼げるエンジニアまで」をグッと短縮できます。

短期集中
・長期学習は挫折しやすい

プログラミングの学習をするなら短期学習がおすすめ。なぜなら、長期学習は成長を感じ辛く精神的にキツイからです。

「成長を感じ辛い=継続しにくい」となります。忘れる前に復習をすることで効率良く学習をやり切れます。

短期集中のコツは、ズバリ「スマホの電源を切る」ことです。

もちろん、ゆるりと自分のペースを保ちたい人もいると思いますので、そのような人がじっくりと学習を進めていきましょう。

学びの継続
・一日のガッツリ12時間よりも週に6回で2時間をコツコツと

例えば、土日休みで既婚かつ子供ありの30代の男性がプログラミングの勉強をしているとしましょう。

この男性は家族との時間を大切にしているため、土日の片方はお出掛けをするという約束事が。このようなライフスタイルでは、まとまった時間を取ることは現実的に厳しい、、

もし毎日2時間の積み重ねで良ければ、朝少し早く起きて一時間と就寝前に一時間できちんと学習時間を作ることができますからね。

・人間の集中力には限界がある
・積み重ねにより記憶の定着が良くなる

継続のコツは、「if thenルール」を実施することです。

if thenルールとは、もし〇〇した時は□□するというもの。例えば、お菓子を食べたら歯を磨くとかです。

積み重ねの報告
・モチベーションの維持になる

まずはツイッターで「#今日の積み上げ」を報告してみましょう。誰かに見られているというプレッシャーで、自然と勉強に対するやる気が出るはず。

リアルの友だちやオフラインのプログラミング仲間に向けた情報を発信がおすすめです。少なすぎる学習量を毎回、報告していては恥ずかしいですからね。

また、積み重ねの報告は案件を獲得する時にも効果を発揮します。なぜなら、情報発信が信頼に変わり、依頼者の不安を取り除くことができるからです。

この記事の読者サマには、もしかしたら少し先の話かもしれませんが「信頼の投資」として情報発信はしておくこともおすすめですよ。

アウトプットの習慣化
・インプットばかりでは伸び悩む?!

教材や動画を見て満足をしていませんか?もし、勉強の8割以上がインプットの人は少しマズイかも。

エンジニアの仕事は、コードを書きプログラミングを作成することです。コードを書かないということは、勉強を放棄し仕事をも放棄していると言えますよね。

また、ベースとなるコードをいじりながら作業を進めることもあります。このような時に、自分でコードを書く機会があまりにないと、どこでミスをしたか分かりにくいというデメリットも。

プロゲートやドットインストールで課題を取り組むことで、アウトプットとしてると思い込んでしまう人がいます。

アウトプットをしていない訳ではないですが…。イメージとしては、半分正解で半分不正解なのかなというところ。

例えば、「HTML&CSSの勉強をしている人であればLPを制作してみる」です。大変ではありますが、ゼロから生み出すことをしていきましょう。

・アウトプットのコツは全体の俯瞰です。

独学での挫折率は9割を超える

ヒロ | 人生絶望屋
@hiro0111rad
挫折した人の多くが言うこととして…

・モチベーションが保てない
・エラーが解決できない
・不明点を聞けない

全て相談する相手がいれば解決できますよね。そのような存在があればスクールなんて必要ないかもしれないし、ないのであればスクールに入ることを検討してみても🤔

10:55 – 2020年2月27日
Twitter広告の情報とプライバシー
ヒロ | 人生絶望屋さんの他のツイートを見る
「独学の挫折率は9割を超える」この言葉を聞いたことがある駆け出しのエンジニアもいるのではないでしょうか。

インターネットやYouTubeで情報を知り行動に移し、ほどほどに面倒な環境構築も達成した人たちでさえほとんどの人が挫折をするのです。

残しの1割も挫折をしていないだけ(継続はギリしてる)で、エンジニアとして生活をしていけるほど収入を稼げているかも怪しいです。

必ず挫折をしない方法はないですが、挫折をする確率を下げる方法はありますので2つ解説をします。

相談する相手を作る
・一人で悩みを抱えない

先のツイートで取り上げましたが、挫折をする要因は全て「相談する相手を作る」を達成すればいとも簡単に解決できます。

相談する相手をSNS上とリアルの両方がベスト。「難しいなぁ、、」という人でお金に余裕があるならスクールに通うと一発です。

とはいえ、学生とかはやはり厳しいはず。おすすめはツイッターなどのSNSで知りあって、現実世界で実際に会う方法です。

出会いで環境は変わりやすく、今後のエンジニア人生を劇的に変えるキッカケになるかもしれません。

全てを理解しようとしない
・8割くらい理解できれば問題なし

プログラミングは理解することではなく、完成させることが目的です。

イメージ通りにできなかったとしても、ググりつつ別の方法で完成を目指せば十分です。

そもそもプログラミング言語は新しいものが発明されるスパンが短いです。

全てを理解したところで新しい情報が増え、「昨年せっかく暗記したのに今年はもう使わないのか、、」なんてことにもザラですからね。

エラーが独学の一番の敵である

エラー内容でググろう
エラーが発生した場合には、エラーメッセージも出ているはずです。その場合は「〇〇+解決」や「〇〇+エラー」で検索をしよう。

説明を省きましたが、「〇〇=エラーメッセージ」です。答えが英語ばかりの時は、時間はかかりますが、Google翻訳を使いつつ解決しましょう。

網羅的に一から学び直そう
教材や動画で見て学んで、いざアウトプットをしてみるとボロボロな結果に。コンパイルをしてみても上手く再現できなく、エラーが大量発生。

さらには、ググってみても解説文が全く理解できないなんて時は…

面倒ではありますが、網羅的に一から学び直しましょう。その方が学習効率が上がることもあります。

一から学び直したとしても理解できているところは軽く読み飛ばしながら、分からないところに集中して取り組みましょう。

「エンジニアの仕事の半分はググること。エラーの解決が一番成長できる。」この意識でエラーに対して、前向きに捉えられるようになりました。

質問サイトを積極的に使おう
「teratail」という初心者向けのサイトが存在するようです。僕はこちらを使ったことがなくて、申し訳ないです。(-_-;)

「エラーの解決方法として質問サイトもあるよ」ということでして、実際は上2つでこと足りるのかなと思います。

https://hiro0111rad.com/puroguraminnngu2

これから独学を極めていくために

全てを忘れる程に熱中しよう
・気づいたら10時間も!?←これくらい

環境を変えると見えてくるものがあります。それは「作業量の差」です。

例えば、このような二人がいたとしましょう。

A : 今日はたくさん勉強できた!!
B : 今日あんまり勉強捗らなかったなぁ、、

一見すると、AとBの勉強時間は対称的な印象を受けますよね。しかし二人は同じ時間、同じ量を勉強をしています。本人たちの基準の違いがこの差を生むのです。

僕は環境を変えた時に、ご飯を食べることや寝ること、入浴することさえも忘れてしまうほど熱中しやすい人に出会いました。

「今日は勉強したな!」と感じる日でも、その人の3分の1くらいだったことも。

要するに、独学を極めていくために、まずは自分の作業量の基準を見直してみてほしいのです。

勇気を出して案件を受注しよう
・8割の完成イメージが見えれば受注しよう

残りの2割があなたの伸び代です。案件を受けることを考えると独学に必要なスキルが明確になりやすいです。

「ここのスキルってどうやって役に立つんだろう?」とぼんやりとしたイメージでは学習も進めづらいですからね。

まとめ : 独学のコツはこんなにも

今回のまとめがこちらになります。

1.1 短期集中
1.2 学びの継続
1.3 積み重ねの報告
1.4 アウトプットの習慣化
2.1 相談する相手を作る
2.2 全てを理解しようとしない
3.1 エラー内容でググろう
3.2 網羅的に一から学び直そう
3.3 質問サイトを積極的に使おう
4.1 全てを忘れる程に熱中しよう
4.2 勇気をだしえ案件を受注しよう

「相談する相手がいる」と「継続すること」が独学を成功させていくポイントなのかな、と思います。

今回この記事で紹介した独学のコツの全てを再現する必要はないです。自分の性格や生活スタイルに合わないこともあるでしょう。

「これはいいな!」と思い実践してみたことが、皆さまのプログラミングの習得期間を短縮していたら嬉しくです。

最後まで読んでくれてありがとうございました。では、今回はこの辺りで(*´∇`*)

人気記事【コロナ時代】利用して良かった転職サイトと転職エージェント

人気記事【UZUZ】転職して3ヶ月経ったのでキャリア面談をしようとしたら...