【昼休憩に副業ブログ】周りの視線が全く気にならなくなる方法とは?

nasi

おはようござます、一日中ブログのことしか考えていない22才会社員のヒロです!

「ブログを書きつつ会社員をしていると、自分の時間がマジでなくなる!!!」

これが副業ブロガーの現実かぁあああ!!!

「自分のチカラで時間くらい生み出せよ」って言われる気がしますが、すでに実践中…。

周りの目が気になる、、。てか、話しかけてくるヤツ多すぎ、、。

会社員でブログを書いている人、本業をしつつ副業のために時間を割いている人、そのような方たちの悩みを解決できたらと思います!

副業をしたいけど、周りの目が気になるときの最適解は?

昨日、このようなツイートをしました。

要するに、孤独になること。

具体的な方法として、トイレに逃げ込むのが一番手っ取り早いのかなと思います。完全に孤独になれるので、集中には最適です。

抵抗があるかもしれませんが、継続すれば慣れます。ちなみに、僕はたまに逃げ込みます笑。

デメリットが1つ。

デスクがないこと。僕の場合ですが、ブログの構成を練るときにノートに書き込みたかったりします。

デスクが欲しいなら、イヤホンをしてみよう。

周りの目が気にならないためには、自分の世界に入ること。

棚ぼたですが、イヤホンをしていると声をかけてくる人はかなり減ります。

とはいえ、話しかけてくる人は一定数います。音楽を聴いていても、お構いなしみたいですね笑。

 イヤホン < クソでかヘッドホン

  • ガチなやつだと認識される→こっちの世界へ入ってこない
  • ヤバいやつだと思われる→触れてはいけない人に分類される

「自分の世界に入り込める&長時間つけても耳が痛くならない」ので最高。パイオニアでワンオクとか聞くと、イケますよ\(^o^)/


いっそ、公言してみるのもアリ。

  • 挑戦をしてると応援してくれる
  • 理解を示してくれる人は意外といる

思いがけない手助けや応援が手に入ることもあります。

とはいえ、公言するのはかなり勇気が入るはず。副業しているということは、少なからず今の働き方に満足していないことが伝わるからです。

注意事項すべきこと

全ての人に公言しないこと。

公言することで否定的な意見を言ってくる人がいるかもしれないですし、理解を示してくれない人だっているかもしれません。

そういった存在は副業の邪魔。人を選び、公言しましょう。

その副業は今、やる必要がありますか?

インプットに時間を割くのもあり。周りの目が気になったり、話しかけてくる人がいて集中しづらいなら、無理してブログを書く必要はありません。

  • 本を読む
  • Voicyを聞く
  • YouTubeを見る

会社でできることは会社でやり、会社でできないことは在宅でやりましょう。

理想形は下記のサイクル。

朝起きてアウトプット→昼休憩でインプット→帰宅してアウトプット→神。

そもそも、副業をしないという選択肢もあり。

つまり、お昼寝の推奨です笑

一日に必要な睡眠時間は決まっているのだから、家で寝る時間を昼休憩に費やすという感覚です。

もちろん、全ての昼休憩の時間を睡眠に費やす必要はなくて、前半30分は読書、後半30分は昼寝みたいなイメージです。

しがない会社員ヒロは昼食を取らない。

  • 血糖値の上昇を防げる→集中力UP
  • 時間の節約ができる→昼寝に充てる

メリットは上記の通りで、昼食を取らないようにしてたというよりは、いつの間にか取らなくなってしまいました笑

間食は取ります。

サボりつつ、休憩しつつ、美味しく頂きます。よく食べるのはプロテインバー。血糖値の急上昇を防ぎつつ、サクッと食べれて美味しい。持ち運びも便利です。

ほとんどのプロテインバーは脂質が10gほど入ってますが、下記の緑のプロテインバーは脂質がほぼゼロ。自己管理が大事だと思うなら、二箱くらいは常備しておきたいものですね。


まとめ : 昼休憩に副業をしたいときは、トイレに逃げ込むが最適解!

  • 昼休憩に副業ブログをするなら、トイレorイヤホン。
  • 無理して執筆する必要はなくて、インプットの時間とするのもあり。
  • 僕のオススメは「インプット&昼寝」のハーフ&ハーフ。

今回のまとめは上記の通りです。

昼休憩まで全力で仕事をしているとガタがきてしまうかもしれません。無理せず体調だけは気をつけて、頑張ってください!

お知らせ : 毎日更新をはじめました!

本日の記事は3本目の投稿です!記事の感想頂けたらメチャクチャに嬉しいです。

コメントはこちらからお願いします(´∀`)

人気記事【コロナ時代】利用して良かった転職サイトと転職エージェント

人気記事【UZUZ】転職して3ヶ月経ったのでキャリア面談をしようとしたら...