【2020年5月版】オンラインでアプリ開発が学べるプログラミングスクール【3選】

nasi

「アプリ開発が学べるプログラミングスクールに通いたい」「失敗しないプログラミングスクール選びをしたい」など安心してアプリ開発を学べるプログラミングスクールが気になる方もいるかと思います。

プログラミングスクールのオススメサイトは世の中にたくさんありますが、嘘だらけの怪しいオススメサイトもたくさんありますので、注意しなければいけません。

この記事では元エンジニアである私が、実際に通った人たちの口コミやweb上にある情報の中から信頼できそうだなと感じた情報を元に、2020年5月現在で本当にオススメできるプログラミングスクールを3つ選びました。

全て読めば、誤ったオススメサイトに騙されることなく、あなたにとってベストなアプリ開発が学べるプログラミングスクールを選ぶことができます。

オンラインでアプリ開発が学べるオススメのプログラミングスクール【3選】

アプリ開発 オンライン プログラミングスクール

当サイトが今回、選んだ3つのアプリ開発を学べるオススメのプログラミングスクールです。

  • 『テックアカデミー』 : 学生が学ぶならココ!学割や先割でお得に通える
  • 『CodeCamp 』 : コスパで選ぶならココ!当サイト一押しのスクール
  • 『侍エンジニア塾』 : マンツーマンならココ!フルオーダーのカリキュラム

テックアカデミー

料金設定 69,800円
受講形態 オンライン
学べるアプリ開発 iPhone/Andoroid
学習期間 最短1ヶ月
就職サポート 案件紹介あり
就職サポート 案件紹介あり

コードキャンプ

料金設定 148,000円(2ヶ月)
受講形態 オンライン
学べるアプリ開発 iPhone/Andoroid
転職サポート あり
対応時間 7~23時
マンツーマン指導 あり

侍エンジニア塾

料金設定 168,000円(1ヶ月)
受講形態 オンライン
学べるアプリ開発 iPhone/Andoroid
転職サポート あり
対応時間 8~22時
マンツーマン指導 あり

アプリ開発を学べるプログラミングスクールの選び方

アプリ開発 オンライン プログラミングスクール

  • iPhoneアプリ or Andoroidアプリ
  • 料金形態と受講形態
  • 独立をする or 就職・転職をする

アプリ開発を学べるプログラミングスクールの選び方は、上記の3つが主です。

「仕事が忙しく、スクールに通う時間が取りづらい」「今の働き方だと今後が不安、、」様々な理由でプログラミングを学ぶことを決意しているかと思います。

しっかりと自分のライフスタイルにあったスクール選びをしましょう。

iPhoneアプリ or Andoroidアプリ

  • Phoneアプリなら『Java』
  • Andoroidアプリなら『swift』

アプリ開発を学ぶときの注意点は、iPhoneアプリまたはAndoroidアプリのどちらの開発を行うかをしっかりと決めておくことです。

なぜなら、開発するアプリの種類によって、学ぶ必要のある言語が変わってくるからです。

最近のプログラミングスクールでは両方対応しているところも多いので、どちらのアプリにしようか迷っている方は2つとも学べるプログラミングスクールがオススメです。

とはいえ、どっちかだけでいいなら、その方がコストを抑えられる可能性もありますので、学べるアプリ開発の種類をチェックするようにしましょう。

料金形態と受講形態

アプリ開発 オンライン プログラミングスクール

  • 生活を圧迫しない料金設定
  • オンラインorオフライン

プログラミングスクールを質で選ぶ前に、まずは生活を圧迫しない程度の金額のところから選びましょう。

ストレスを抱えたまま学習をしていては、勉強に集中がしづらいからです。

また、プログラミングスクールの受講形態もチェックしておきましょう。

ライフスタイルに合った受講形態を選ぶことで、気楽に継続することができますよ。

独立をする or 就職・転職をする

フリーランスを目指すか企業に勤めるか

アプリ開発の場合ですと、プログラミング未経験者がいきなりフリーランスを目指すのはかなりリスクが高いです。

なぜなら、アプリ開発の難易度は高く、初心者がやるには荷が重すぎるからです。

なので、フリーランスを目指す方も企業勤めをしたい方も、まずは一度、正社員として会社で働きながらアプリ開発の流れを理解するようにしましょう。

開発の流れをしっかりと理解をしてからフリーランスになると、むしろ効率良く成長できますし、顧客も最初からいる状態なので案件の受注がしやすいです。

アプリ開発エンジニアの実態調査

アプリ開発 オンライン プログラミングスクール

  • 年収はどのくらいか
  • 未経験でもできるか
  • 将来性はあるのか

ここでは上記の3つについて、簡単に解説をします。

結論としては、図を見ても明らかですが、アプリ開発のエンジニアは需要があります。

必然的に市場価値は高まるので、年収も将来性もまだまだ伸びると考えられます。

年収はどのくらいか

年収平均は約550万円、月収にすると約46万円

アプリ開発エンジニアの年収はIT業界の中でも、年収的にはかなり高い方に分類されます。

実際にアプリ開発をすることができたら、そのサービスを利用してお金を稼ぐことだってできますし、アプリ開発エンジニアは高収入を狙いやすい職種であると言えます。

その分身に付けるスキルも多いので、やるならある程度の覚悟は必要かと思います。

未経験でもできるか

アプリ開発は未経験でもできるが、難易度は低くはない

アプリ開発の難易度はあまり低くなく、半年しっかりと勉強して開発のコツが掴めてくるくらいのイメージです。

ちゃんとした世に出ているようなアプリと同等のレベルを目指そうとすると、かなりの学習時間が必要になります。

簡易的なアプリであれば未経験でも十分にできるが、企業が使うようなアプリはプログラミング未経験者には厳しいでしょう。

将来性はあるのか

アプリ開発は私たちの生活を豊かにさせる

AI産業の将来性がある理由は、機械が効率良く仕事をしてくれるからですよね。

アプリ開発というと、どのような物を思い浮かべるでしょうか。

ゲームのアプリだったり、やり取りをするアプリだったり、様々なアプリをイメージするかと思います。

私たちの生活をサポートするための便利なアプリは開発され続けるでしょうし、そういった意味でアプリ開発の将来性が途絶えることはないでしょう。

アプリ開発のプログラミングスクールで学べること

アプリ開発 オンライン プログラミングスクール

  • SNSアプリの開発
  • タスク管理アプリの開発
  • オリジナルアプリの開発

プログラミングスクールに入ると、上記の3つような開発について学ぶことができます。

まずは基本的なアプリ開発から入つつ、自分の作りたいアプリを開発できることを目指せるので、しっかりと学習を進めるためにプログラミングスクールに入るのもいいかと思います。

SNSアプリの開発

SNSアプリの開発とは、twitterやinstagramのような有名なアプリを作れるようになるために、基本的な学習を進めます。

Xcodeというmac、iPhone、iPad向けアプリケーション開発用の道具の使い方を、プログラミングスクールではしっかりと学ぶことができます。

独学では何が足りないのかも最初は分からないでしょうし、カリキュラムが丁寧に作られているので、安心して学習を進められます。

タスク管理アプリの開発

「自分の仕事をアプリで簡単に管理してしまおう」という発想から、目的に合わせて実際にアプリ開発を進めることができます。

開発に対するアプローチの仕方や問題が起きたときの対応の仕方、課題の解決の仕方を学ぶことができます。

実際にやっていく中で、アプリが思うように動かない、なんてことはよくあります。

その時にただ心を折られてしまうのではなくて、自分なりの解決方法を何個か持っておくための知識をつけることができます。

オリジナルアプリの開発

アプリ開発をする人には、お金を稼ぎたい人と何かデカイことをしたい人の2パターンがあると考えています。

オリジナルアプリの開発は、後者の人からしたら絶対に必要なカリキュラムであることは間違いないでしょう。

受講者が完全なゼロから開発を目指す中で、何かにつまずいたり、困ったときにはメンターがサポートをしてくれるます。

プログラミングスクール選びに迷ったら『CodeCamp』がオススメ!

アプリ開発 オンライン プログラミングスクール

当サイトが、数々のアプリ開発が学べるプログラミングスクール『CodeCamp』をオススメする理由はコスパの良さです。

支払うコストに対して、どのくらいの見返りがあるか。サポートの手厚さを考慮したときに、『CodeCamp』が最も受講生を思っていると感じました。

「CodeCampよりも低コストで通えるプログラミングスクールもあるよ?」このような疑問もあるかと思います。

アプリ開発を学ぶとことを考慮すると、学習時間が少しばかり足りないのかなと思いました。

「アプリ開発で食べていきたい」「アプリ開発エンジニアを目指していきたい」と考えるなら、ある程度の学習コストは出した方が賢明。

『CodeCamp』は、転職サポートも手厚いですし、対応時間も一番長いです。

以上の理由で、数あるアプリ開発を学ベるプログラミングスクールの中から、当サイトは『CodeCamp』をオススメします。

プログラミングスクールのアプリ開発を受講するときの注意点

アプリ開発 オンライン プログラミングスクール

  • 学習環境を整えておく
  • 無料体験を受けておく

プログラミングスクールに通うなら、出来るだけ安く通いたいですよね。

期間限定でキャンペーンをやっているところもありますので、参考にしてみてください。

学習環境を整えておく

ネット環境とPCがあれば、すぐに学習に取り組むことができますよね。

「PCってMacじゃなくても大丈夫ですか?」このような方もいるかと思います。

どちらでも学習をすることできますので、今あるもので大丈夫です。

無料体験を受けておこう

不安や疑問な点があるなら、無料体験を受けましょう。

プログラミングスクールに実際に入って試すのではなく、事前にどんなスクールなのかを体験できるキャンペーンをやっているところもいくつかあります。

いきなりプログラミングスクールに入るのは、かなりの不安が伴うかと思います。

気になるプログラミングスクールの無料体験や無料オンライン説明会などに、参加しておくと安心して勉強を進められるのでオススメです。

まとめ : アプリ開発が学べるプログラミングスクール | 需要あるので『行動』しましょ!

アプリ開発 オンライン プログラミングスクール

この記事では、アプリ開発が学べるプログラミングスクールを比較しました。

アプリ開発をするのに、プログラミングスクールは必要不可欠なものではありません。

ただプログラミングスクールがあれば、学習の効率が確実に良くなりますし、様々なアプリ開発のスキルを学ぶことができます。

当サイト、一押しのCodeCampでは、お得なキャンペーンがやってますし、今なら無料体験も開催されてます。

以上です。

CodeCampの無料体験はこちらから

  • 『テックアカデミー』 : 学生が学ぶならココ!学割や先割でお得に通える
  • 『CodeCamp 』 : コスパで選ぶならココ!当サイト一押しのスクール
  • 『侍エンジニア塾』 : マンツーマンならココ!フルオーダーのカリキュラム

人気記事【コロナ時代】利用して良かった転職サイトと転職エージェント

人気記事【UZUZ】転職して3ヶ月経ったのでキャリア面談をしようとしたら...