【悲報】動画編集は簡単ではない!学習期間はどのくらい?

nasi

「動画編集を学びたいけど、習得するのはかんたん?」「習得にかかる時間はどのくらい?」など動画編集の細かな情報が知りたい方も多いかと思います。

5Gの影響で動画編集はかなり需要の増えてきているジャンルですし、実際に動画市場はありえないほどのスピードで拡大をしていますよね。

だからこそ何となくでも、動画編集に興味を持っている人は目の付け所がいいと言えます。

しかしながら、動画編集スキルの習得は、決してかんたんとは言えません。

ただ、しっかりと手順を追って学習すれば、誰でも身に付けることはできますので、この記事を踏み台にして、動画編集のスキルをぜひ高めていってください。

動画編集のスキルを習得する重要性
動画編集 将来性あり

5Gの到来とともに、動画の需要は増えると予想されています。

現在もYouTubeの広告は増えていますし、タイアップの広告も増えています。

少なくとも、2022年までは伸び続けるでしょうし、動画編集は在宅でも行えるので、自粛期間にも強いのがメリットです。

動画編集を習得するのが、簡単ではない理由
・学習内容が意外と多い
・動画編集者の数がそれほど多くない
・他スキルを合わせて、動画編集を習得しよう

上記の3つの理由から、動画編集を習得するのが簡単ではないと言えます。

まずは、『動画編集のスキル習得の挫折ポイント』しっかりと知っておきましょう。

動画編集を習得するのには、学ぶことが多い
・ 事前準備
・ カット作業
・ テロップ挿入
・ 画像挿入
・ SE・BGM
・ 色調補正
・ サムネイル
・ アニメーション

動画編集の未経験者であれば、分からないことも多いかと思います。

なぜなら、僕が初めて動画編集を学ぼうと考えたときは、「動画編集に必要な勉強ってこんなにあるのか、、」と感じたから。

「全てのスキルを身に付けなければ、ダメなの?」このような疑問もあるかと思います。

そのようなことは決してなく、カットテロップがあればそこそこ様になるでしょう。

他のスキルがあれば、月40万円くらいは稼げる動画編集者になれるでしょう。

動画編集者を教えてくれる人はかなり少ない
IT業界の中でも動画編集者を目指す人はかなり少ないですよね。

なぜなら、プログラミングスクールの数を見てみると、動画編集を教えているのはほとんどないからです。

実際に、動画編集が学べるプログラミングスクールは片手で数えられます。

教えてくれる人がいなければ、学べないという訳ではないので、時間をかけながら検索をしつつ疑問を解消していくのがオススメな勉強方法です。

とはいえ、教えてくれる人が欲しい方もいるでしょう。

そのような方は、『Movie Hacks』一択。LINE@による無制限の質問サポートの評判がかなりいいからですよ。

動画編集のスキルだけでは、稼ぐことはできない
動画編集で稼ぐことを考えているなら、案件の獲得の仕方もしっかり学んでおきましょう。

実際に、僕はスキルを学ぶだけで稼げるようになるとイメージしていたので、思ったように仕事を取ることができなくて挫折しました。

大学生で動画編集者を目指している方も多くいるかと思います。

営業もしたことなければ、クライアントと金銭のやり取りをしたこともない。

当然、そのような状態では不安だと思いますので、検索して情報をかき集めるか、下記の記事を参考にするか、Movie Hacksに頼るといいでしょう。

Movie Hacksには、受講者にお仕事案件サポートが付いてます。

スクール運営者が頑張る受講者を優しく応援してくれるので、ホントにホントにいいですよ!

動画編集のスキルを習得するのに、かかる期間とは?
1週間~3ヶ月ほど、時間にすると50時間ほどで十分に稼げる動画編集者を目指すことができます。

例えば、プログラミングのスキル習得には10週間程度、時間にすると200時間程度はかかると言われています。

月5万円を動画編集とプログラミングどちらが稼ぎやすいか、といったら間違いなく動画編集でしょう。

動画編集の勉強はやりたいことがあまりなく、稼ぐことを目的としている人にとってうってつけと言えます。

とはいえ、習得にかかる時間なんて個人差があります。あくまで目安として、考えておくのがよいでしょう。

動画編集のスキルを習得する方法
・YouTube
・書籍
・Udemy
・動画編集スクール

動画編集のスキルを習得する方法は、上記の4つです。

【無料】動画編集のスキルを習得する方法
『YouTube』で勉強する場合は、「動画編集 基礎」で検索すれば、一連の流れを学ぶことができます。

明確に学びたいことがある人は、「〇〇 やり方」で出てくるかと思います。

専門的なところだと無料では学びきれない部分もあるので、さらに学びたい場合は有料の動画編集でガッツリやるのがオススメです。

『書籍』で動画編集に関することを学ぶことはできますが、あまりオススメはしません。

なぜなら、動画編集には流行りだったり、そのシーズンの傾向があったりするからです。

今、求められている動画編集のやり方を習得することが重要かと思います。

なので、書籍で学ぶのもいいですが、YouTubeで学ぶ方が稼げる動画編集者を目指しやすいでしょう。

【有料】動画編集のスキルを簡単に習得する方法
『Udemy』は専門的に動画編集のスキルを学ぶことのできるマーケットです。

一回2~3万円ほどで購入できるので、ある一部だけ集中的に学びたい人に向いています。

Udemyは専門的なことが多いので、初心者より中級者向けのコンテンツでしょう。

『動画編集スクール』は料金が発生してくるので、動画編集で稼いでいきたい人しか入らない方がいいでしょう。

なぜなら、細かい動画編集のスキルまで学べてしまうので、プライベートで制作するような動画を作りたい人が入るとギャップが発生しやすいです。

当サイトのオススメは『Moviu Hacks』。買い切り型のオンラインスクールで、69,800(税込)と良心的な価格設定だからです。

案件獲得のサポートが付いているので、卒業後に仕事に困ることはないので、動画編集未経験者こそ、ぜひ挑戦してみてください。

Movie Hacks公式サイトはこちら

まとめ : 動画編集は簡単ではない | やれば誰でも稼げる!
動画編集を習得するのが、簡単ではない理由

動画編集を習得するのには、学ぶことが多い
動画編集者を教えてくれる人はかなり少ない
動画編集のスキルだけでは、稼ぐことはできない
今回のまとめは上記の通りです。

動画編集のスキルを習得するには、学ぶことが意外と多く、動画編集者はそんなに多くないので、実際かなり大変であると理解できたかと思います。

とはいえ、プログラミングと比較すると学習時間は少なめであると言えるので、稼ぐことにフォーカスするなら動画編集者はありでしょう。

動画編集で稼ぐことは、スキルレベルが収入に直結しますし、積み重ねた実績がそのまま反映されるので、やりがいのあるお仕事です。

自分の制作した動画が何万回も再生されていたら、テンション上がるでしょうし、興味のある方は頑張ってください!

人気記事【コロナ時代】利用して良かった転職サイトと転職エージェント

人気記事【UZUZ】転職して3ヶ月経ったのでキャリア面談をしようとしたら...